レビュー『薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。』

fujishiro-catch.jpg

内容

fujishiro-manual1.jpg
『薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。』

  • 第1章 高血圧のメカニズム
  • 第2章 ソフト●● 実践法
  • 第3章 ▲▲食 実践法
  • 第4章 ▲▲食レシピ

※●●、▲▲の部分は秘匿性の高い部分のため、伏せさせていただきました。


血圧を下げる効果のある食事療法で高血圧を改善を目指していきます。


第1章では、まず高血圧の仕組みについて、かなり詳しく説明があります。

仕組みがちゃんとわかっていると、納得して実践できるので、

とても重要なパートだとおもいます。


そして、第2章から、具体的な食事療法の解説になります。

食事のレシピについては、具体的な手順が写真付きで、

紹介されており、好印象です。

fujishiro-manual2.jpg


また、食事メニューも、てっきり病院食のような、

あまり食べたいという気にならないものが中心かと思いましたが、

そんなことはありませんでた。


パン、スープなど洋食メニューもあり、レシピ数も豊富なので、

食事に飽きることはないと思います。

 

著者

『日本食養の会会長』『総合免疫治療研究所所長』の藤城博氏が執筆。

正直、『日本食養の会』『総合免疫治療研究所』などは知らなかったのですが、

一応実在する団体のようです。


それに、実際にテレビ、雑誌などメディアでも多数紹介されていますので、

信頼度は高いと思います。

fujishiro-manual3.jpg

分かりやすさ

正直、他のマニュアルに比べ、わかりづらい、理解しにくい箇所が多めです。


「ファイトケミカル」「活性酸素」など専門用語も出てきますので、

スラスラ読み進めるという感じではありません。


ただ、理解しにくいのも、高血圧のメカニズムについてなど、

一からしっかり解説しているからです。


他のマニュアルでは、そもそも高血圧のメカニズムなど、

むずかしい部分は中に入っていないので、比べるべきではないかもしれません。


当然、レシピなど、実際に何をやるべきかの部分については、

分かりやすく説明されており、他のマニュアルと遜色ありません。

 

実践しやすさ

とくにむずかしい調理法はなく、料理ができる人なら、問題なくできると思います。

料理が苦手な人も、写真もありますし、レシピどおり作れば問題ないレベルですね。

もちろん、包丁を握ったことないという人だと、不向きな内容です。


また、食事の内容についても、バラエティに飛んでいるので、

続けやすいと思います。

 

コンテンツボリューム

マニュアル本編は154ページ、特典は37ページです。

また、DVD(収録時間は1時間41分)もついているので、ボリュームしっかりあります。


DVDはスライドを交え、藤城先生がマニュアルの内容を実際に解説してくれています。

fujishiro-manual4.jpg

 

総合評価

fujishiro-manual-point.gif

当サイトでも、半年以上連続で販売数1位を達成している人気マニュアルです。


コンセプトとしては、食事で直接血圧を下げるというより、

血圧があがりにくい体を作るという療法です。


ですので、たった3日で血圧をぐんぐん下げるのはむずかしいと思いますが、

しばらく続ければ、十分効果は期待できるんじゃないかと思いました。

また一旦、体ができれば、また食生活が荒れたりしない限り、再発しにくい感じがします。

何より降圧剤などと違い、健康面に影響がない点がいいです。

 

このマニュアルが向く人

  • 料理が好きな人や苦手じゃない人
  • 健康的に血圧を下げたい人
  • 運動療法が苦手な人
  • あまりお金をかけたくない人(薬のようにランニングコストがかからない)

 

このマニュアルが向かない人

  • 料理がまったくできない人もしくは料理を作ってくれる人がいない人
  • 即効性を求める人

 


内容的には、かなりレベルが高く、しっかり勉強しているつもりの私でも、

かなり勉強になり、役立つことがありました。


食事療法というと、薬のような即効性がないし、手間もかかるので敬遠されがちですが、

人間の体というのは、口から摂取されたものでできています。


安全性も高く、一度、効果がでれば、薬のように飲み続けなければいけないなどの

負担も少なく、結局は安上がりで、手間のかからない方法だと思います。


効果が出なかったときの返金保障もついていて、リスクはありませんので、

血圧で悩んでいるなら、一度試してみるといいと思います。

 

koushiki-banner.gif